2009年 パワーフィットのプログラム構成






別にカシコまって解説する必要があるかどうか、判りませんけれどもだ。

解説したからといって、特別何かの役に立つ!てな訳が、あるかどうか、判りませんけれどもだ。

ま、せっかく勉強して参りましたので、興味のある方にご理解頂ければ、ありがたき幸せ。


とゆーのもラディカルのプログラム、知れば知るほど "なぁるほど良く出来てるナー"

と感心すること然り、な訳でございまして、レッスン受けられているお客様に於かれましては、

より理解を深めて頂く事で、レッスンを楽しんで頂ければ、と願う次第でございます。


ご存知のように現在の POWER FIT。

筋トレメインの『POWER』と、カーディオパートを含む『POWER FIT』の2種類のレッスンがございますが、

実はコレは日本国内での呼び名でございまして、本国アルゼンチンでは、

『POWER FIT』のことを『POWER CARDIO』と呼んでいるそうです。


で、筋トレパートはレッスンのうち、大別すると3つのパートに分かれて構成されております。

これを"スーパーシリーズ"(以下SS)と呼びますが、

例えば現在のレッスンで使用しているヴァージョン、POWER#4では、

SS1は上腕二頭筋、スクワット、上腕三頭筋の各トレーニングの組み合わせを3曲。

SS2は背中、胸のトレーニングの組み合わせを2曲。

SS3は各足のランジ、肩のトレーニングの組み合わせを3曲やっているのはご承知の通り。


ですがこの組み合わせは各ヴァージョンで異なっておりまして、

これも大きく分けて「アルファ」、「ベータ」、「ガンマ」、「デルタ」の、4つのフォーマットが存在するそうです。

例えば、現在のPOWER#4は「ガンマ」。

4月からのPOWER#5は「ベータ」になるそうで、

SS1は左右ランジと背中の組み合わせ。

SS2はスクワットと胸。

SS3は肩と二頭筋三頭筋との事ですので、当然使用するウエイトの量も変わってくる由。

特にSS3は小筋群のトレーニングになりますので、3曲目のヘビーウエイトはかなりキツイ!

キッツイですけどねぇ、絶叫しながら(しかも笑顔で)やるのはとっても楽しいぞ、と(笑)。

ぜひぜひご自分の限界重量にチャレンジして頂きたく存じますよー。

ただ、筋力・筋量というものは人それぞれですからね、そこはご自分なりにアレンジ頂いて、

怪我の無い様、その点十分にご留意頂きたく存じます。



因みにPOWER#6は「デルタ」。

SS1は背中、スクワット、胸、SS2は二頭三頭、SS3は現在と同様左右ランジと肩。


POWER#7は「アルファ」でして、昨年10月から12月までの使用プログラム#3と同様、

SS1は左右ランジとスクワット、SS2は背中と胸、SS3が肩、二頭三頭だそうでありまして、

剛さんによれば、これがいちばんキツイそうでありますよ。



何れにしましてもPOWER及びPOWER FIT、

しっかり動くと凡そ、50分で600から800キロカロリーを消費するプログラムと言われております。

脂肪燃焼効果はモチロンのこと、筋力アップ、基礎代謝向上、心肺機能、特に最大酸素摂取量の向上、

骨密度の強化、全身のトータルボディーコーディネイト等々、様々な面でお役に立ちます故、

ぜひぜひご活用頂き、みなさまの健康に役立てて頂ければと、願って止まぬ次第なのでーございます。








(3/3 09')