2009年 9月の釣行



秋はお魚も肥える季節。

つまりはシーズン真っ盛りというわけで、連休の仕事の合間をぬって海に出たのであります。

行って来たのは陸前高田&大船渡。
高田ではホームとも呼べる長部漁港、そこから北上して吉浜漁港と越喜来漁港へ。

ところが今年は何処の港も釣果が芳しくなく、特に夏から秋の定番"スルメイカ"は絶望的との事。
しからば地道に底モノでも探ろうかいと、アオイソメを1000円分ほど買い込んで、
うず高く積まれたテトラに乗り込んだのであります。

長年釣りをやっておりますけれど、実は未だ釣ったことのない魚、
というのは結構あるものでして、今回はそんな魚とめぐり合い、
食卓に色沿いを添えたのでありました。


さてさて、先ず向かいましたのは高田松原水門付近。
ルアーでシーバスが釣れるとの情報から行ってみたものの、風強く先客もおり、
うーむ、と思案すること暫し。行き慣れたすぐ近くの長部へ行って様子を見ることに。
長部では南側先端まで行き投げ竿を用意。アタリを待ちながら、
ルアー竿にブラーをブラー下げて(あ、笑うとこよココ)、テトラの隙間に垂らし込んで
誘いを入れておりました。

したっけね、ちょこんちょこんと竿先にアタリがあるじゃあーりませんか
最初はなんだべ?って思ってね、暫くほっといたらいきなり強烈な引き込み!
思わず即アワセ!したものの、根に潜られてしまい、竿がぐい〜んとひん曲がった、
まさに根掛かり状態!
ウヌレ、負けぬぞよッ とばかりに暫く悪戦苦闘していたら、やつめ根負けしよりまして、
浮いてきたのが下の写真。


コレが初めて釣った魚、”メバル”。テトラ帯
でのやりとりは実にコーフンしましたですな。

で、2回目以降はアワセ具合にも多少慣れまして、
根に潜られる前に引っこ抜く戦法で合計4匹のメバルをゲット!
ホントは丸々太ったアイナメちゃんを狙ってたんですがねー、
どうも生息域が違ったみたいですな。
一方、投げ竿にはほっそいアナゴくんやカレイちゃんがいらっしゃいまして、
釣果はまずまず、といったところ。

この日は大船渡も攻めてみたいと考えていた故、竿をたたんで
「キッピンアワビ」で有名な吉浜漁港へGO!
吉浜は漁港のすぐ側に砂浜がありまして、ヒラメなども狙えそうな気配。
ところが以前の釣果もそうでしたけれど、釣れてきたのはなんと!「ヒラツメガニ」。
投げ釣り仕掛けでも釣れちゃうんですなー。足の1本に深々と鈎が刺さってましたけど。

なかなか他のアタリが無いので来た道を少し戻り、久々の越喜来漁港へ。
ところがねー、例年なら結構な釣り客がいる時期なんだけれど、
今年は誰も居りやがらねーの。
そんだけ今年は釣果が厳しいってことなんでしょうな。
ま、結局タナゴ1匹しか釣れませんでしたけど。
あ、フグも釣れたっけか。ちっちぇーのが。。。

というわけで、今回の調理は以下の通り。




今回のお料理各種。煮付けに唐揚げ、潮汁。


ドンコとカニの潮汁。カニ味噌が実に美味!


これがメバルの煮付けですよ。美味いったらないわけ


カレイは唐揚げにしてあんかけも作りましたわよ〜


で、タナゴとアナゴも唐揚げに。カリコリでんがな〜。

いやいやいやいや。
釣れない釣れないと云われていた今シーズン。
実は10月以降から海水温が下がり始め、各漁港の釣果も向上している由。
んだば行かねばッ!
と、ついつい鼻息を荒くしたワタクシなのでありました。

以下次号!!





(10/09 09')