釜石爆釣記 その@


秋風が吹くと釜石港は"鯖の季節"である。
大型船が入港する関係上水深の深い釜石港は、鯖は年中釣れるといってよいが、
丸々と太った、型のいい、脂ののった秋鯖が釣れるこの時期はなんとも魅力的な漁港なのである。

昨年も11月頃だったと思うが、朝も暗いうちから竿を出して6時間あまり、合計11匹の尺鯖(体長30センチほど)
を爆釣し、さばくのも食べるのも結構大変だったのを思い出す。
だがあの竿を弓なりに曲げて暴れまくる鯖を捩じ伏せて引っこ抜く快感は言うに及ばず、
工夫した仕掛けがドンピシャだったりすると楽しくて堪らず、遠野のイベントを後にした私は仙人の峠を駆け抜けた。

日曜日だけに堤防には既に鈴なりの人の数。何とか釣り座を確保し、海中を覗き込む。
すると、いたいた!カタクチイワシの群れ、群れ、群れ!
体長10センチほどのカタクチイワシ、これが鯖を釣るエサとなる。
コマセを撒くまでも無く、6本針のサビキの仕掛けにイワシ達が飛びつく。一匹ずつ針から外すのももどかしいが、
活きの良いほうが鯖の喰いも良いので丁寧に外し、バッカンで活かしておく。
30分かけて100匹ほど釣り上げただろうか、竿を磯竿に持ち替え、そっと仕掛けを投入する。
鯖は回遊魚だから、すぐそこに必ずいるという保証は無いが、ひとたび群れが回れば大爆釣間違いなし!
ウキがスッと沈むのをただひたすらと、じっと待つ。
タナ(魚の泳層)はウキ下9メートルから探ってみたが、
およそ竿1本半、4ヒロ矢引き(約7.5メートル)といったトコロか。
するとウキに変化が!チョコン、チョコンと前アタリがあった後、ウキがググッと沈み込んだ。
すかさずアワセをくれてやる。リールのドラグがジジッと唸り、竿が弓なりにシナルッ! うほ〜ッ たまらん!
海面に顔を出す間にも右に左に暴れまくる鯖を慎重に浮かせ、フンガーッと海から引っこ抜く。
コンクリートに転がしてもその暴れ様凄まじく、ムンズとつかんで針を外す。
おおっ!今年の鯖はデカイ! 一尺は悠に超えている。すげーすげー。
さあっ 釣るじょ〜 とハリキッタものの、既に下げ潮。アタリなし。群れが行っちまえばアタリもオノズカラなくなる。
気が付いたらイワシの群れもどっかにいっちまったいッ。

ウーム。。。しばらく唸っていると再びウキにアタリが! アラマっちゃん居るじゃない!
ガッツりと合わせると・・・ぐわっ! 重いぞこりは! うぬぬぬぬぅ〜と引き上げると、なんと体長40センチの鯖!
でっけーっ!! めんたまだけでワタシと同じくらいあるじゃないのッ ふえ〜っ

その後、何度かのアタリを着実にしとめ、或いはバラし、日が暮れるまでに8匹。
既に手持ちのクーラーボックスが半分以上埋まってしまった。
ならば鯖はもうケッコウとばかりにウキを電気ウキに換え、その灯をともし、針をイカ針に換えて投入する。
ヤリイカはそろそろハイシーズン。ココなら型の良いのが出そうなもんだが・・・
お? スッと消しこんだウキの動きは明らかに鯖とは違う動き! この手ごたえはっ
こりゃなんとしても仕留めねばならぬゥ。慎重に、慎重に、水面まで寄せると、その白いお体が姿を見せた。
ヤ、ヤリィ!(ヤリイカだけに・・・)
さあ、とっとと海面から引き抜かねばならぬ。さあこい!きやがれ!きさらせェ〜ッ
ファイト一発、竿にぐっと力を入れたその瞬間、 ぶしゅー!!どぼん という音が、釜石港に響き渡った。
どぼん? どぼんて・・・ガックシ。
まあいい、次があるさ。夜はまだまだこれからだゼ ベイベーとゆーことで、次々に仕掛けを投入するものの、
また鯖の群れが廻ってきたらしく、そのたびにウキの光は海中に消しこみ、
鯖が暴れるたびに仕掛けがこんがらがってグチャグチャのヨレヨレとなり、
そのたびにほどきほどきしていた私もさすがに疲れ果て、
鯖合計12匹でクーラーボックス満タンになったところでイイカげんイカを諦めた。

気が付けば既に夜11時。
始めは車中泊して翌朝も朝マズメからと思っていたが、なんせクーラーボックスが満杯になってしまったので、
そのまま夜の釜石港を後にし、夜の峠道を黙々と走った。
帰宅して鯖を洗い、エラを取り、下地処理をして塩水に晒し就寝。
翌日目を覚ますと、それは味噌煮になって湯気を上げていた。




(11/1 05')