"つくりもの"製作環境向上委員会 第10回






さて、今回でとりあえずの完成としたい「スペシャル・ワークブース」。
とりあえずとはいえ、使えるようになるまでには実に多くの作業をこなさねばならない。
まずは前回から引き続きの電気工事と、木材の加工から。



(画像をクリックすると大きくなります)




手持ちの電気工事部品を棚卸。とりあえずコンセントを増設する。




前回設置したスイッチの下にコンセントを設置。配線は全て
壁裏に配してあるのでオモテから見えるのはコレだけ。
これは今まで使っていた作業机。この引き出しを今回のワーク
ブースに移設してみる。モノ作りには使いやすい収納がカナメ。
立て付けがアマイので一度バラして調整してみる。白い金属
部品はスライドレールで、引き出しの開閉がスムーズ。
スライドレールの受けは作業机のアングル材に、ボルトで固定
していた。これを移設するには、レールを固定する壁材が必要。
以前つけていた下の引き出しの桟をつけ替える。この上に横
木を渡し、移設する引き出しを下から支えるのだ。
横木を切り出して固定する。両サイドを上からコーススレッド
で固定したので、さっきつけた桟をまたバラしてつけた。
スライドレールの壁材を1×4材から取ってみる。 うーん。
ちょっと高さがあわないかナ〜。どうするべ?
薄い木片を貼り付けてスペーサーにしてしまおう。木工ボンド
を塗りつけるが、指まで塗らないように・・・。
クランプで圧着してボンドの乾燥を待つ。はみ出したボンドは、
濡れタオルで拭いておけばキレイに取れる。
一方、奥の方は裏から固定すると木口が割れそうなので、T
字の固定金具を止めておいて、その上に乗せて固定した。
それではスラードレールを仮組みしてみよう。スライドにガタが
あるとあとから調整するのが大変なので、精度を出しておく。
おお〜、なんてスムーズな引き出し! てか、マァこんなもん
でしょうナ。引き出し自体も手前に外れるようになっているのだ。
引き出し右側のスペースにも、いずれ幅のセマイ引き出しを
作って装着予定。用途に応じて深さを調整するのダ。
移設した引き出しを正面から見る。もうチョット下でも良かったか
なぁ?取っ手がナナメに付いてる?イエ、きっと気のせいです。
隣の引き出しスペース。両脇の壁にスライドレールを仕込んで
から、板厚を計算に入れながら引き出しのサイズを確定する。
天板の奥にもう1枚棚を作りたい。以前バラしたワークベンチ
の板材から切り出した。板厚は15ミリほどのラワン材。
奥の壁に押し付けて仮組みしてみる。高さはどうしようか?無
難なところで9センチぐらいにしておこうかナ?
適当な板で高さを確定。さらに裏板の裏からコーススレッドを
バッスバッス打ち込んでガッツリ固定した。そして・・・
表からは木片を切り出して受けにし、軽く固定。赤いヤツは
愛用のリョービ製ドライバドリル。作業はコレ1本で十分。
サイズを間違えてスキマの開いていた天板に、ピッタリの木片
を締め込んだ。まるでこーなるのを予定してた様な展開ですな。
スペシャルワークブース、右側の引き出しスペースも、1×4
材でガッチリとフレームを組む。中央の仕切りは目見当。
片側のスペースが仕上がった。スライドレールが付く側壁をツ
ライチにするために1×4材を切り出して張り付けた。
側壁をスムージング化すると同時に、こちらの天板の受けとし
た。で、反対側も同様にしようと思ったが・・・
なんと、1×4材の在庫が尽きてしまった。買出しに行くのも
面倒なので、2×4材を半割りにして使うことにする。
こういう”フシ”があると加工しづらい。縦引きノコでスジ切した
後、ノミで割ったら、フシのところからボコボコに割れてもうた。
ノミと鉋を使ってひたすら平らに均す。木屑にまみれて数分後
・・・・・こんなん出来ましたけど。如何かしら?
で、くっつけるのは何処かっつーと、ココですよココ。厚み、長さ
共にピッタリハマらないと、見栄えが悪くってしょーがねぇのサ。
仮組みしてみたらピッタシカンカ〜ン! んだば、後はコースス
レッドでバシッっと締めるべし。さあ!後は天板乗せるぞっ
とりあえず手持ちで一番長い板材を乗せてみる。厚さ18ミリ
のベニアランバーコア材だが・・・なんか勿体なくなくない?
左側の天板に使ったゴムの木の集成材のアマリを乗せてみる。
半分以上使っちまったから長さが足りないのは判ってるが・・・
ホレ見てみぃ、こんなに足らんやないか。つーことでこの板は
ボツ。別の機会になんかに使うことにする。
で、結局バラしたワークブースの天板を、切った貼ったして取
り付けた。取り付け加工の都合上、組み合わせが複雑に・・・
ホレ、こんなスキマが空いてしまった。何れ、あとからこの上
にベニア板を接着して、見栄えするように手直ししてやろう。
左側の作業台。工具類の収納は手付かずだが、そのうち壁
面を上手いこと使って収納してみたいと思う。
右側の作業台は大工道具がメイン。今回、パーツボックスの
整理は手付かずになってしまったが、そのうちやろう。
左右の作業台の間にはバイスを設置してみた。これがあると、
作業性がじぇんじぇん違うのだ。







さて、とりあえずは完成したが、まだまだ足りない引き出しも作ってないし、収納のアイデアも絞りきれてない。
おそらく今後、使いながら細かい改良を加えていく事になるだろう。
約半年に渡って、モノ作りのためのモノ作りを続けてきたが、その作業はマコトに面白かった。
あとはじっくりと、この冬のつくりモノの吟味でもする事にしよう。
さあて、なにから作ろっかなぁ〜



(12/13 07')