"つくりもの"製作環境向上委員会 第7回






さて、漸くにして天板になる材料が手に入ったので、今回はこれを加工し、設置してみる。
購入したのは"ランバーコア"と呼ばれる合板材。普通の"ベニア"材と違い、サンドイッチされた
木材が集製材になっているのだ(普通のベニアは薄い板を複数張り合わせてある)。
つまり、ベニア材に比べると、釘や木ネジが効きやすく、構造材としての強度を保ちやすい。
その分、チョットばっかし値段が張るのがタマにキズなのだが、天板は色んな作業で酷使される部分ゆえ、
まー仕方あるまい。
それと今回は、前回作った引き出しの両サイドの隙間を調節し、スムーズでガタのない開閉を目指した。
ところが上段の引き出しを入れてみたところで問題が発生。奥に押し込むほどキツくなり、
最後まで押し込むには、足でおもいっきり押し込まないと入らないのだ。 なんで??
どーやら柱のホゾ組みをしたときの精度がイマひとつだったらしい。とゆーのは後で気が付いたのだが、
それに気が付くまで、引き出しの横板を鉋で削ってみたり、涙をこらえながら地団太を踏んでみたり、
さらにはブチ切れて、引き出しに乗っかってタコ踊りを踊ってみたり、無駄なアガキをずいぶんとしたものである。
とりあえず、なんとかなったのでヨカッタヨカッタ。



(画像をクリックすると大きくなります)




作業机の天板となる板を買ってきた。材はラワンランバーコアという18ミリ厚の合板




作業机の天板になるくらいだから、もう少し厚くてもよかった
のだが、予算の関係でこれで良しとする。
天板を奥行き50センチで切るため、1×4材をガイドにする
ようにセッティング。丸ノコで真っ直ぐ切るには重要。
ガイドに合わせて、丸ノコをゆっくりと走らせる。少しでも刃の
方向がずれると、曲がって切断してしまうので注意する。
もう1枚購入したのが4ミリ厚のシナランバーコア。これを加工
して、引き出しと棚とのクリアランスを埋めるのだ。
丸ノコで切り出してフィッティングしてみる。ちょっとばかしキツ
かったので、現物合わせで鉋をかけて修正。今度はピッタシ。
固定して引き出しを入れてみると、上段がやけにキツイ事が
発覚。強く押し込まないと奥まで引き出しが入らない。
そこで裏側の柱のホゾ組みの位置をハンマーで叩いて微調
整する。ホゾをキツめに作っていたので容易だった。
微調整したところで長めのコーススレッドで固定する。反対側
の引き出しも同様にセッティングして行く予定。
同様に、先程叩いて調節したホゾを固定する。後に裏板を固
定すれば、全体の強度ももっと高くなるだろう。
先程カットした、作業机の隅を柱に合わせてカットする。入り
隅なので鉋を入れられないので、紙ヤスリで微調整。
設置した天板を俯瞰で見てみる。あとは3方を固定すれば
オッケイなのだが、まだ固定はしない。とゆーのも・・・
この天板の下の隙間に、引き出しを設置する予定なのだ。
ちょっとした隙間も、収納スペースにして有効活用する予定。






とゆーわけで、とりあえずはここまで。
あとは反対側の引き出しを設置し、やぐらの下側横材を固定して、全体の強度をさらに強固なものにし、
切り出したあとの端材を使って、小さな引き出しなんぞも作ってみるつもりだ。
さきの反省から、これから切り出すものは全て、現物合わせでサイズを確定させた方が良さそうだ。
とにもかくにも、まだまだまだまだ時間が掛かりそう・・・・。



(10/15 07')