"つくりもの"製作環境向上委員会 第4回






この半月あまり、スペシャルワークブースの部材をひたすら切っては加工し、
仮組みしては微調整を繰り返してきた。
手順は既にご紹介の通りなので詳細は省くが、実に地味〜な作業の繰り返しであった。
今回、漸く骨組みを構成する部材の全ての加工が終了したので、早速組み立てに入る事にする。



(画像をクリックすると大きくなります)




加工の終了した骨組みの部材。これだけで1ヶ月を要した。




先ずはホゾ組みから始めることにしよう。ホゾは角を面取りし、
軽く鉋をかけてある。
狙い通り、隙間なくスッポリと収まった。心配されたぐらつきも
なく、感無量。
続いて、ヤグラの側壁を組み立てる。設計どおりに組みあがる
か不安だったが、これならイケそうな雰囲気。
3つの側壁が組み上がった。後はこれを上下の横板で繋ぎ、
直角を確認して固定していくだけ。
中段の横板で仮固定し、下段の横板を固定していく。長いコ
ーススレッド(木ネジ)が必要。
ハッキリ言ってけっこうな大きさなので、悪戦苦闘する。1本
ネジを固定する毎に全体を微調整。
ブースの下段奥には、貰い受けた箪笥の引き出しを2段ずつ
設置する予定。サイズが合っているか確認する。
これだけデカイと、まるでヤギ小屋みたいですなぁ。よく考え
て収納スペース作らないと、スカスカになりそう。
最後に上段の横板を固定していく。側壁との直角をサシガネ
で確認しつつ、上面の長方形が歪んでないか確認。
取りあえず完成!この後、作業台や天板を張り付け、様々な
パーツを後加工で組み合わせていくのダ。






と、今回の作業はここで終了。
早いトコ天板を張り付け、骨組みの強度を上げたいところだが、その前に、
作業台や天板に使う材料を吟味せねばならぬ。
ベニヤ板だけでもラワン材、シナラワン材、ランバーコア材、シナランバーコア材などがあり、
他にもOBS合板やら、MDF材、パイン集製材などなど、それぞれ厚さもネダンも様々なので、
予算とも相談せにゃならんし、何より次の給料日を待たねばならないのダ。
その間、引き出しの加工や、内部に作りつけるパーツの案を練ったりなんかして、
イヤイヤ、まだまだこの作業、楽しめそうである。



(8/14 07')