ミツオカ/ビュート 〜後編〜 





さあ、完成までもう少し!とっとと足りない部品を作ってしまおう!
東京で入手したエポキシ樹脂で、ライトレンズ等の透明部品を作り、
ボディを磨き上げて、パーツをくっつければ完成だッ




(画像をクリックすると大きくなります)




先ずはシャーシを完成させる。塗り上がったエギゾーストパイプ


プラセメントでガッチリ固定。合いがイマイチだが、とりあえず良しとする。
これでシャーシの完成。塗り分けがドギツイが、まぁ模型だからしゃーないか。
東急ハンズで購入したエポキシ樹脂。高透明タイプだが、硬化に時間が掛かる。


注型用シリコン型は、予め用意していた。後は樹脂を流すだけ。
エポキシ樹脂の主剤と硬化剤を混ぜ合わせる。泡は何れ消えてくれる。
硬化に丸1日。でも触るとまだ少し柔らかい。形が歪まないように慎重を期する。


ボディをブルーイッシュシルバーで塗装。乾燥を待ってクリヤーを吹く。
中研ぎ。スポンジヤスリで一皮剥く程度に研ぎ出す。その後、水洗い。
さらにクリヤーを吹いて乾燥させ、コンパウンドで磨く。コンパウンドは3種類使った。


全体をマスキングして、塗り分けの為、ドアの取っ手とサイドマーカーのみ開孔する。
まずはグロスのブラックを塗布。この後に吹く、メッキシルバーの下地となる。
メッキシルバーを塗布。粒子が細かく、表現力もバツグンで、お気に入りの塗料。


続いてサイドマーカーの部分だけ残し、クリヤーオレンジを塗布。レンズに似せる。
マスキングを取るとこんなカンジ。メッキ調の質感がなかなか良い。
サイドマーカー部分もこんなカンジ。再び大掛かりなマスキングに入る。


ガラスを縁取るゴムの部分を、フラットブラックで塗るためのマスキング。
スジ彫りに沿ってツマヨウジであたりを付け、デザインナイフで慎重に切り取っていく。
マスキングの完了。リヤのクリやパーツも透明塩ビ板から自作した。


フラットブラックを慎重に吹く。細吹きでエア圧を落として行った。
リヤ周りも同様に。その後、成功を神様に祈りながらマスキングを剥がす。
マスキングを剥がすとこんなカンジ。磨き込んだボディの艶が良いぞッ。


エポキシで作ったレンズを嵌め込んでみる。ちょっと曇っているのは型の精度のせい?
リヤバンパー、リヤライトレンズ類も塗り上がった。透明塩ビ板は質感が良い。
フロントにもエポキシで作った、マーカーを付けてみる。まあ、なんとか使えそうだ。


リヤのライトレンズを設置。ブレーキランプはクリヤレッドの上にクリヤオレンジを塗布。
さあ!あとはこれだけ!ボディーとシャーシをくっ付けて、ワイパーとバックミラーを付ける。
とうとう完成!! ちょっとバンパー歪んでるけど、見なかったことにしよう!!


リヤサイドから見る。・・・あ!ブレーキランプ下の反射板塗ってないぞっ!
ガラス越しにインパネを望む。ガラスパーツもコンパウンドで磨き上げたのダ。
とりあえず、これで完成としよう!セミスクラッチにしては、ケッコウ良い出来じゃない?


うーん、このカットが一番かな?ジャガーでもない、マーチでもない、ビュートらしい顔。
飾っておく前に、陳列棚を整理。手前には前作のジムニーが・・・・。
でーん!と、ビュートを置いてみる。同じ1/24だけど、小さく見えるなぁ。


まあ、屋根が低いからこんなもんか。奥には何やら鉄道模型が・・・・。
11年前に作ったNゲージ、「クハ&クモハ113系」。ちゃんと動くのですぞ。
他にも食玩がいっぱい。1/150〜1/144なので、何れジオラマ作りたいねッ





と、ゆーわけで何とか完成! 思えば、この車を作ろうと思ったのはもう9年も前で、
ずいぶんと時間が掛かったもんだが、ま、良い勉強になった。
なによりシリコン複製に関する独自のノウハウも得られたし、曲線を形作ることで、
造形技術の勉強にもなった。 暫らくは、ここまで大掛かりなものは作らないだろうけれど、
ストックしてあるキットをそのまま、何の改造もせずに作るのもラクチンで面白そうだし、
昔作って、壊れて放ってある完成品を、今の技術で蘇らせてみるのも、みみっちくて面白いかも知れぬ。
それに、何れ増え続ける完成品を飾っておくスペースも足りなくなってくるだろうから、
近いうちに棚を増設し、Nゲージのレイアウトとジオラマをミックスした、大飾り棚を作ってみたい。
予算の都合で完成がいつになるかは未定だが、そこはソレ、アレはホレ。
続けていれば、いつかは出来るであろう。

趣味は気張らず、楽しく、面白く。  その様、まるで人生が如し、であるのだから。




(5/31 07')