ミツオカ/ビュート 〜中編〜 その1





さて、暫らく放っておいたビュート。押入れの奥から引っ張り出し、再び作業を開始する。
今回はボディをもう一度納得の行くまで成形し、下塗りと、シャーシを完成させる。
そして儀装パーツの複製と整形、下塗りまでやってしまおう。




(画像をクリックすると大きくなります)




なだらかな曲線になるように、ボディパーツを削り出す。


リヤのライトハウジング周りが気に入らないので作り直す。
反射板の円盤パーツは、皮用のポンチでプラ板を打ち抜くと綺麗に仕上がる。
ポンチをプラ板にあてがい、ハンマーで叩いて打ち抜いた。


テンプレートで切り出した楕円形のパーツと合わせてみる。ちっちゃくてタイヘン。
ボディに瞬間接着剤で固定。すぐ固まってしまい、位置合わせに苦労した。
サフ吹きして接着面の調整。ボディの曲線に沿わせるように整形。


平行して室内パーツの塗装に入る。先ずは全体にガルグレーを塗装。
センタートンネル部分にニュートラルグレーを吹く。エア圧を落とし、細吹きで対処。
センタートンネル部分のみテープでマスキング。塗り分け作業に入る。


再びガルグレーを塗装。これでキレイな塗り分けラインが出来るはず。
続いてリヤシートの塗り分けのためのマスキング。先ずはシート周りを丹念に張り込む。
他の部分も大まかにマスキング。シートは本皮の設定なので、色の選択に迷う。


結局サンディブラウンを塗装してみた。半艶でそこそこの発色だが、まあこんなもん?
フロントシートも同色で塗装。もう少し艶を抑えた方が、スケール感が出てよかったかも。
リヤシートのマスキングを剥がす。この後センタートンネルのマスキングも剥がすと・・・


この通り。ま、配色のバランスはちとアレだが、まあ良しとしよう。塗り直すのも面倒だ。
フロントバンパーは、ジャガーのオリジナルを複製し、カットして整形して使用。
湯流れが悪かったせいか、カットしたらバリッと割れてもうた。あな口惜し。


アルテコパテを盛り付けて裏打ちする。硬化したらヤスリで削り、形状を整える。
ボディに固定するための、シンチュウ線を植え込む。開孔して瞬接で固定しただけ。
何れメッキパーツになるので、表側は特に慎重に削り出す。銀色はゴマカシが効かない。


サフ吹きしてボディーに仮止め。配置のバランスを見る。うーん。ま、いっかぁ〜
サフ吹きと研ぎ出しが終了。全て銀ベースの配色になるので、下地として黒を塗る。
室内パーツを組み上げる。プラスチック用の接着剤で、確実に固定させる。