新・マスク製作 〜その1



え〜8月のZアリーナで行われます、エアロビクスイベントに向けまして、只今あるプロジェクトが進行中。
昨年製作いたしましたFRP製のマスクを、更にパワーアップさせて製作中、なのであります。
うー、つってもイベント当日の状況と段取り次第では、このネタも永久にオクラ入りになるっつーウワサもありますが(泣)。
まーとりあえず作ってしまえば、いづれどこかで使う機会もあるでしょう!とゆーわけで、
新・マスク製作第1弾! はじまりでありますッ



(画像をクリックすると大きくなります)



まずはボロボロになった前回の原型を補修開始。


ヤスリでひたすら平滑に磨く。 パテ痕が汚いけどとりあえず。 サーフェイサーを塗布。


別パーツにした"ツノ"をプラ板で                      製作して整形する。
ポリパテで裏打ちし、シリコンで                      型取り、FRP成型する。
本体の型取りの為、まずは                      2×4材で周りを囲う。


分割ラインに沿って、粘土でフランジを整形する。
ふちを盛り上げてダボ穴を開孔し、離型剤を塗布する。
1層目のシリコンを流す。2層目からはガーゼで補強を入れる。


3層目のシリコンが硬化したら、ダボブロックの取り付け。
更に上からFRP成型して、型を補強する。
固まったらひっくり返して、今度はオモテ面の型取り。


シリコンを流しガーゼで補強、3層目まで成型する。
更に上からFRPで成型。下側のダボに合わせて固定する。
木枠を外して、原型から慎重に型を外す。


続いて"ツノ"のシリコン型を成型、裏側の型も取っておく。
これにポリエステル樹脂を塗りつけてFRP成型を施す。
本体のFRP成型が終了。グラスファイバーは2層にした。




ツノを付けて、蝶番と留め金を取り付ける。


で、とりあえず今回はココまで。後は色を塗って各種部品をくっつけるだけ、なんですが、
今回実は首から下の着る部分も製作する予定であります。
つってもハッキリ言って、作ったことないからどうしたらいいか解んないんですけど(笑)
まー作業着の"ツナギ"みたいなもんですからね、寸法を合わせてミシン掛けりゃ何とかなるかナ?と。
やってみなきゃ解らないので、この模様はまた次回。



(7/9 06')