新兵器登場!!



投げ釣りの新兵器、通称"投げシャトル"の自主開発を行った。
"投げシャトル"は以下のように、原型から雌型を製作してそれにポリエステル樹脂とグラスファイバーで成型していく。
ひとつ雌型があれば、同じものが何個でも作れるのがFRP成型の利点である。



(画像をクリックすると大きくなります)



先ずは原型の製作。紙粘土でベースを造り、パテで整える。


上蓋はこのようにセットされる 蓋はヒンジを介して開閉できる 粘土に埋め込んで雌型造り


アクリル板で囲い、粘土を均す ダボ穴を開けて準備完了 蓋側も同様に整形


上側のゴムが硬化したら反転 ゴム部分にのみ離型剤を塗布 蓋の雌型の完成


本体の雌型も完成 ポリエステル樹脂を塗布して成型 更に樹脂を塗布する


離型した成型品 蓋の留め金シャフトの仮付け 全ての部品を製作、用意する


鉛のオモリをセットする 上蓋ヒンジ部分の製作 上下を合わせて様子を見る


蓋の内側でバネ線を固定 上下を固定し、蛍光塗料で塗装 いっぺんに5個も作っちゃった!